Kazu Garcia

KGメールマガジン【高校受験生・高校一年生】

2021年度 高校受験生向け/高校一年生向けメルマガ配信中!

Kazu Garcia

9月24日(金)、東京都教育委員会が都立高入試の男女別定員を段階的に廃止にするというニュースを受けて、
執筆・配信した高校受験生向けコンテンツ「KG受験メールマガジン」10月2日(土)配信号の一部を特別に無料公開します。

定員の10%については男女別なく成績順に合格を出す男女別定員緩和を全校に導入し、
その後は、その枠を20%に拡大、最終的には完全に男女別募集を撤廃する、というものです。
但し、来春以降の枠の拡大や完全撤廃の時期については、明らかにされていません。

では、この措置によって、今後、実際にどのような影響が出るのか、考えていきましょう。
と、その前に、昨春(2021年春)の一般入試を振り返ってみますと、
男女で実倍率(合格者数/受験者数)に0.3倍以上差があった(女子>男子)のは、
青山(男子1.67倍・女子2.20倍),三田(男子2.01倍・女子2.46倍),狛江(男子1.37倍・女子1.74倍),北園(男子1.37倍・女子1.69倍),向丘(男子1.41倍・女子1.72倍)…となっています。
逆に、男子>女子は、
秋留台(男子1.37倍・女子1.00倍),小川(男子1.44倍・女子1.12倍)です。

これが、来春になると、上述のように、全校に男女別定員緩和が導入されることが既に決まっています。
それによって、どのような影響が出るのかと言うと…、実は、そんなに大した変化は起こらないでしょう。
何故かと言えば、●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

但し、何年後かは明らかにされていませんが、男女別募集完全撤廃となると、大いに状況が変わってきます。普通科が設置されているほぼ全校で、
現状より男子のハードルが上がり、逆に女子のハードルは下がるはずです。
そう断言できるのは、▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

○今日のポイント
男女別定員を定めている都立高普通科が、段階的に男女一括募集に移行する、具体的には、
全校で来春は定員の10%を、その後は20%を男女一括で取り、最終的には男女別を完全撤廃すると発表。
昨春の一般入試で、男女で実倍率に0.3倍以上差があったのは、女子>男子が5校、男子>女子が2校。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

*私立高入試の始まる2/10まで、残り131日
*都立一般入試日まで、残り142日(正式発表はまだですが、仮に2/21としています)

10月2日(土)配信分、KG受験メールマガジンより。

完全版はパッケージ版またはマンスリー版10月のご購入でご覧頂けます! ご購入はこちらから!

近年、激しく変わる教育事情の中で高校受験・大学受験を控えている受験生の方、そして保護者様、
​受験及び進学をする上で【正確な情報】を【十分に】持っている、と自信を持って言えますか?

理想とする進路に進むためには、受験生・保護者様が挑む重要なポイントが二つあります。

一つ目が、志望校選びです。受験生にとって次のステージ、そしてその先の未来を左右する大事な選択です。
学校あるいは塾のサポートもございますが、果たして「生徒」として接する関係で、本当に【フラットな情報】を【十分に】得て【最適校】を選べるでしょうか?

二つ目は、やはり受験です。受験生にとっても、支えるご家族にとっても、大変険しい壁でしょう。
受験を乗り越えるためには、もちろん受験生ご自身の勉強等の努力が必要不可欠ですが、
受験の【正確な情報】を【適切な時期】に得られれば、余裕を持ち有利に受験に臨めることでしょう。

そこで、学校・塾では扱わない【本当に受験者に獲得してほしい​情報】【適切な時期】に提供するKGメールマガジンをお勧めします。
かつて進学塾を運営し、これまでに多くの受験生を見てきたKazu Garcíaと、あらゆる受験に精通した東大卒の現役進学塾塾長のT先生の共同執筆で、
塾・学校の裏事情を含めたここだけの​受験・高校情報を皆様にご提供します。
将来を見据えた上で学校を選び、受験を乗り越え、心から新たなステージを楽しめるよう、このメルマガをご活用ください!
※テストや模試の取り組み方・勉強法など、東京都外の受験生にも役立つ情報もございますが、受験情報は東京都の受験制度に基づいた情報となります。

いつもながら、為になるメルマガをありがとうございました!
私の心情が透けて見えている様な内容で、思わず笑ってしまいました!
T.S

メルマガ、読みやすい!です。
自分の心境に沿っていて、ありがたいです。
つばき

ネットで志望校探し、親も奮い立たせてもらえました。
ありがとうございます!
hitomi

親子でバタバタ…メルマガもらいながら、頑張ります。
五里霧中なんで、また、よろしくお願いします!
まこ

いつも、的確なアドバイスをありがとうございます。
学校説明会を逃すことなく、予約できました。
私の中の焦燥感が少し、おさまりました。
Butterfly

詳しくありがとうございます。
なるほど!
この様なアドバイスを受けて、カウンセリングして良かったです。
りんごりん

夏休み前に、夏休みの攻略方法をありがとうございます!
親子でがんばります!!
KGファン

ありがとうございました。
まさにタイムリーでした!
辛党♥

いつもメルマガありがとうございました。
読みやすくて、タイムリーで、配信が楽しみでした。
漢検、数検、英検の締め切りなど​の情報が有り難かったです。
ナナミン

まさしく、タイムリーな情報をありがとうございます。
推薦チャレンジ出来たのは、大きかったです。
入試を全体像で見て教えていただき、助かります。
頭がこんがらがり、手続きにまごまごしそうです。
また、よろしくお願いします!
ryoko

KG受験メルマガは、現在中学2年、3年生の高校受験生とそのご家族にとって、塾や学校では扱わない【本当に受験者に獲得してほしい​情報】毎週配信致します。
「この時期には何をすれば良いのか」「何を調べて、何を家族で話し合うべきなのか」といったペースメーカーとして、【受験者ファースト】のメルマガをご活用ください!

特にメルマガのご購読を強くお勧めしたい!のは?

  • お子様が高校受験を経験するのは初めてだ。
  • 上の子の高校受験で後悔していることがある。
  • お子様とコミュニケーションが十分に取れていると感じられない。
  • お子様のスケジュールをあまり把握していない。
  • 高校選びにどう取り掛かったらよいのかわからない。
  • 塾に任せっきりで、お子様の学力や学習の様子はよくわからない。
  • 内申が志望校の推薦基準に届いていない。
  • 今どきの高校受験を知らない。
Kazu Garcia

KG受験メールマガジン購読のご案内

  • 2021年度配信スケジュール: 3月~翌2月 週1回 毎週土曜日配信
  • 購読料: 2021年度パッケージ版【48回(+サービス4回)バックナンバー込み】 10,000円(税込11,000円) 2021年度マンスリー版【入会月からスタートで1ヶ月ごと(4回)払い】 1,500円(税込1,650円)
  • ★テーマ例: 定期試験対策法 内申点アップを目指すには? 模試は何故受ける? 受けた後は? 英検・数検・漢検について 志望校の選び方 私立入試の罠~単願推薦編・一般入試編 集団・個別・IT(映像)のメリット・デメリットは? 長所伸長? 短所矯正? 都立取下げはあり? どうやって? いつまでに何をどう? 模試の帳票の見方と復習の仕方は 最終三者面談に向けての心構え 都立一般 出し直しする? しない? 過去問の点数が上がらない… どうする?

KG受験メルマガでは、一年間の配信を通して、高校受験生と保護者を支えてきました。
ありがたいことに、ご購読者様より受験メルマガの満足の声とともに「これからもアドバイスをもらいたい!」「大学受験に向けて高校一年からやっておいた方が良いことを知りたい!」との声を沢山頂きました。
そこで皆様のご要望に応え、KG高1メールマガジンを始めました!
KG高1メルマガでは、高校生活を全力で楽しみつつ、大学受験への備えもしていきたい高校一年生に贈る今やっておかなければいけないこと、この時期だからこそできる【1歩先取り情報】を配信致します。

KG高1メールマガジン購読のご案内

  • 2021年度配信スケジュール: 3月~翌2月 月2回 第2第4土曜日配信
  • 購読料: 2021年度パッケージ版【24回(+α回)バックナンバー込み】 5,000円(税込5,500円) 2021年度マンスリー版【入会月からスタートで1ヶ月ごと(2回)払い】 750円(税込825円)
Kazu Garcia
Kazu Garcia

Kazu Garcia

生徒たちからは、親しみを込めて「Kazu」と呼ばれている。

福島で生まれ、幼少期からガーナ、エクアドルで海外生活を経験し、帰国後は新潟、北海道、高知での生活を経て、現在は東京在住。

夫はコロンビア人。長男は現在留学生。長女は専門学生。愛犬はミニチュアシュナウザー。

輸入商社で商品管理や営業事務に携わった後、英会話講師を経て大手塾に移る。
速読や知的能力育成講座のインストラクター、教材作成を務める傍ら、人材育成部門に所属。採用や、マナー研修、教務研修などの各種社員研修を担当する。
その後、杉並区内の校舎の責任者を務め、幼児から大学受験生の指導に当たるとともに、引き続き社員、非常勤講師の育成に従事する。
David Thayne英語ジム新規開講に伴い、その立ち上げの責任者として教材制作に取り組む。
2015年、突如、SLE・第13因子欠損の難病を同時に発病し長期入院。退院後は自宅での生活が基盤となる。
2017年、Kazu Garcia オンライン教室を皮切りに、Kazu Garcia & Companyを起業。

趣味は、ミュージカル鑑賞・宝塚観劇・アナログゲーム。

これまでに訪れた国は、アメリカ、オーストラリア、スペイン、コートジボワール、ペルーなど、20か国以上。

横にスクロールすることで次の写真をご覧頂けます。

新井崇

T先生こと 冬木凍夜

共同執筆者/塾講師

東京生まれの東京育ち。

私立中高一貫校から東大に進学、大学受験塾を経て中高受験塾に勤務。
教務責任者、校長を務め、数多くの進路指導を行い、卒業生を送り出す。
専門は国語だが、全教科の指導を担当し、特に中学受験の算数指導には定評がある。

趣味は、アニメ、鉄道、国内旅行。47都道府県を訪れることが夢。

KGメルマガとは? KG高校受験メルマガ KG高1メルマガ KG & Company KG教育アドバイザー KGオンライン教室 KG成増教室